顔のむくみ 原因と対策 

顔のむくみの原因は?

顔のむくみは、皮下にある細胞と細胞の間に、必要以上に水分がたまってしまうと起こります。

 

特にむくみ易いと言われている足などよりは、むくむ頻度は低いかもしれませんが、朝起きたときなどに顔が腫れぼったくて、浮腫んでいるなと感じる人も多いと思います。

 

顔のむくみは、大抵の場合は就寝中に起こるようです。

 

ですから、朝起きたときに顔が腫れた、むくんだと感じることが多いのです。

 

体の水分は、高い所から低い所に自然に行きますので、活動時の昼や夕方など起きているときには足がむくみやすいですが、就寝中の場合、水分が全身に行きますので、起床した後に顔がむくんでいるという状態になるのです。

 

前日の夜に、飲み会などがあると、アルコール摂取などにより血中アルコール濃度の上昇から血管拡張が起こります。

 

そのため、静脈やリンパが水分処理をするのに、追いつかなくなってしまい、処理しきれなくなった水分でむくむというわけです。

 

あと、飲みの席ですと、お酒だけではなくて、塩分の高いおつまみや味の濃い物を沢山食べてしまう事があり、それも体に水分をため込む要因のひとつです。

 

こうした顔のむくみは、朝起きてから仕事や家事などの活動をしていれば、自然に消えてきますので、問題はありません。

 

ですが、いつまでも引かないむくみは、注意が必要でしょう。

 

 

詳しくはこちらのサイトで→ むくみ(浮腫み)原因と解消法